彼女いない歴=年齢の人に絶対的に欠けている「あるもの」

LINEで送る
Pocket


 

 

どうもコムラです。

 

彼女いない歴=年齢

童貞

の人が絶対に持つべきあるマインドというものがあるんですね。

 

このマインドを持てていないと、
女の子にモテるなんてことは不可能だし、
なんでもかんでも「他人のせい」にしてしまうような、
そんな人間になってしまう恐れがある。

自分に自信も持てないだろうし、
いつまでも日陰を歩くことになってしまいます。

 

で、これは多くのモテない人、
彼女いない歴=年齢の人が持てていないマインドなんです。

以前の僕もやっぱり持てていませんでした。
だから女性にもモテることがなかったし、
彼女ができる気配すらなかったと思っています。

 

女の子にモテる男になりたい

早く彼女を作って彼女いない歴=年齢を卒業したい

そのためには絶対に必要な考え方だと思うので、
ぜひ読み進めてもらえればなと思います。

 

 

モテないのは自分の責任

 

で、そのマインドとは何かというと、

自分がモテないのは誰のせいでもない

ということなんですよ。

 

ただ自分の努力が足りてないからモテないし、
彼女もできない

そういうことなんですね。

 

今もしあなたが彼女いない歴=年齢で、
モテていないんだとしたら
この視点が抜け落ちてしまっている可能性があります。

だからなかなか彼女も作ることができないんですね。

 

 

例えば、自分の容姿に自信が持てていない人というのは、

俺は容姿がこんなにブサイクだから、モテないんだろうな・・・。

と自分のルックスをモテないことの言い訳にしてしまってたりすると思うんです。

ブサイクだから女の子にも好かれないし、
何の努力をしても無駄だよ・・・。と。

 

でも、「そうではない」ということなんです。

モテないのは、ただ当人の努力不足でモテていないだけなんですよ。

ルックスのせいにしたりするのはナンセンスで。

 

確かに、ルックスという要素は変えようがありませんよね。
美容整形手術でも受けない限りは、
もうそれは受け入れるしかない。

しかしそもそも、
男が女にモテる、と考えた上で、
ルックスってあまり関係ないんですよね。

男が女を見る場合はもろに顔の良し悪しが関係してきますけど、
その反対は正直あんまり関係ないんです。

 

街を歩いてるとよく、

なんでこのブサイクこんな美女連れてんだ!!?

と驚くことってままあると思うんですが、
それがいい例で。

そのブサイクの人には、
魅力があるんだと思うんですよね。

話が面白いとか、
すごい態度が紳士的とか、
清潔感にあふれているとか。

自分のルックスに卑屈にならずに、
自分の魅力を磨く努力を怠らなかったからこそ、
そんな美人をゲットできたんだと思います。

 

 

どんな男でもモテるようには必ずなれる

 

女は男の顔はあまり重要視していない」んですよねホント。

この人はどれくらい努力をしてきているんだろうか?
そういったところを見てたりします。

もちろんイケメンの方が有利ではあるんですが、
それは努力で覆せないほど絶対的なものではない。

イケメンはただ「有利なだけ」なんです。

 

だからあなたが仮にルックスに恵まれていなかったとしても、

あなたの努力次第でいくらでもモテるようにはなります。

これはもう間違いなく。

 

今もしモテていないんだとしたら、

ただ努力が欠けている

それだけなんですよ。

 

自分の責任」という風に言えますね。

誰のせいでもなく、
ただ努力を怠ってきた自分の責任というか。

自分の責任と聞くと少し重く感じてしまうかもしれませんが、
むしろ「自分次第でどうとでもなる」ということですからね。

自分の責任なわけで、
モテるための努力を怠らなければ、
100%モテる男に変わることも可能、ということなんです。

それは街中のデコボコカップルが証明してますよね。

 

 

“努力”とは?

 

モテるための努力というのは、
それこそ色んな要素があるのでここですべては語れないんですが、
最低限押さえておきたい要素としては

清潔感

これがやっぱり一番大切だと感じます。

清潔感が欠けていると、
どれだけイケメンでファッションセンスが良かったりしても
絶対にモテないので。

 

それで大抵のモテていない男性というのは
この清潔感が欠けている場合が本当に多いです。

電車とかに乗っていて、

「ああー、この人はモテないだろうなあ・・・。」

と感じる人は概して清潔感が無い人ですからね。

靴がボロボロだったり、
フケが服についてたり、
髪がぼさぼさだったりとか。

でもそういうのっていくらでも変えられる部分じゃないですか。
そしてそこを気を付けるとマジで女性に好感を持ってもらえるようになるんです。

それをするだけで女性にモテだすようになる、
というケースもあると思いますね。

 

他の部分に関しては、
ぜひ以下の記事も参照してみてください。

かなり参考になると思うので。

 

⇒ 童貞が彼女を作るために気を付けるべき「ある3つのパーツ」

⇒ モテない男とモテる男の違いは、「たった一つのもの」だけ

 

 

自分次第でどうとでもなる

 

とにかく、

あなたが今彼女いない歴=年齢であったり、
モテていないという場合は
そういった”努力”が欠けているということが考えられます。

 

なんで俺はモテないんだろう・・・。

と卑屈になる前に、
ぜひその部分を考えてみてもらいたいんですね。
おそらく気を付けられていない可能性が高いと思うので。

 

別にあなたのルックスが変だからとか、
身長が低いからモテていないとかそういうことではなくて、
ただ自分の「努力不足」でモテていないだけなんですよね。

努力不足なだけなわけだから、
今から努力すれば絶対にモテるようになります。
本当にルックスとか身長とかって関係なくて。

 

また下記の記事で「彼女を作るための最短のステップ
ということについて触れているので、ぜひ読んでみてください。

その記事内で書かれている内容を実践できれば、
間違いなく彼女はすぐにでも出来ます。

⇒ 「彼女いない歴=年齢」の原因、そして卒業するために必要なこととは?

 

 

なのでぜひ、

「俺はブサイクだから・・・。」

と諦めずに”努力”というものをしてみてもらいたいんです。

ファッションに気を付けるようにするとか、
色んなことを学んで知識を付けていくとか。

それは如実にあなたに成長というものをもたらすし、
女性にも必ずモテるようになります。

 

僕も以前は女性にモテるなんてこととは縁遠い人間だったんですが、
清潔感であったり、
髪型やファッションなどを気を付けるようになってからは
女性の反応が確実に変わってきました。

前までは本当に女性に見向きもされなかったんですが、
今は会う女性ほとんどに好感を持ってもらえることができています。

「あ、この人俺のこと良く思ってないな」
と思うことは10人中1人とか、本当にそれくらいですよ。

 

 

あなたも自分次第でそれくらいになら絶対になることが可能なので、
少しずつ、自分というものを変えていきましょう!

あなたが長い間彼女いない歴=年齢でも、
女性からアプローチを受けれるような男には必ずなれるので。

 

それではありがとうございました!

 

ページを閉じるその前に・・・



今あなたがもし、

・女性にモテたことなんて一度もない
・女性に目すら合わせてもらえない
・女性との出会いが無さ過ぎて困っている
・女性とデートしたことすらまともにない
・「イイ人なんだけど・・・」と言われるだけで終わってしまう
・男としての自信が持てない
・コンプレックスだらけで自信が無い

そんな状態なんだとしたら、僕が現在発行する
無料メール講座の方をぜひ読んでみてもらいたいんです。

僕自身つい2年ほど前まではそんな状態だったんですが、
今ではそんな状態から完全に脱却し、
女性に困らない毎日というものを歩めています。

その、僕が恋愛における現実を180度変えられた「コツ
というものを無料でメール講座ではお話ししていきます。

また現在無料メール講座に登録いただいた方には、
LINEで確実に脈ありだとわかる女の子からの秘密の5つのサイン
という"特別レポート"も期間限定プレゼント中!

もうモテない人生は卒業したい!
という方はぜひ購読してみてくださいね。

↓無料講座を受講するには下の画像をクリックしてください


※女性、18歳未満の方の購読はご遠慮ください
※メール講座の募集、プレゼントは予告なしで終了することがありますのでご了承ください

LINEで送る
Pocket


2件のコメント

  • 藤井

    努力の具体例が清潔感しか記載されていません。いかも服とかふけとか・・・人としてのマナーの部分ではないですか?それがアウトな人ってほとんどいないと思いますが。もっと詳しく書いてくれないと行動できません。

    • コムラユウ

      コメントありがとうございます。

      そういう部分の意識付けが大事だということですよね。
      当たり前すぎて、つい忘れてしまうということもあり得るので。

      それと努力という部分に関しては
      他の記事でも色々とお話ししているので、
      ぜひそちらも読んでみてください。

      http://douteisotsugyou.com/archives/967

      http://douteisotsugyou.com/archives/897

コメントを残す