初デートで手をつなぐことを絶対に目指すべきある理由

LINEで送る
Pocket


 

どうもコムラです。

 

女の子と仲良くなっていくには、

やっぱり、

初デート

というのがかなり大事になってくるんですよね。

 

ここでヘマをしてしまうとどうしても次が無くなってしまって、
その女の子を彼女にすることが難しくなるしセックスも遠のいてしまう。

狙っている女の子を彼女にしたいという場合は、
掴みの部分の「初デート」というものを絶対に成功させる必要があるんです。

 

でも、女性とデートすることなどに慣れていない人は
正直何をどうすればいいのかわからないと思うんですね。

初デートではどういう風なことをすればいいのか

何を目標にすればいいのか

こういうことがよくわからないと思うんです。

 

デートの場所などでお勧めの場所などについては
過去の記事で書いているので、
そちらをぜひ参考にしてみてください。

⇒ 初デートで女の子を誘うべき場所は、「横並びで座れるお店」

⇒ 初デートで行ったら確実に失敗する「ある3つの場所」

 

 

今回は、

初デートにおける”目標”

について書きたいと思います。

「初デートでは何を目指せばいいのか?」
ということですね。

ここがあいまいになってしまっていると、
仲を進展させて付き合うまでに持っていくというのも
かなり時間がかかってしまうことになってしまいます。

 

 

初デートで手をつなぐことを目標にする

 

で、どういうことを目指せばいいか、ということなんですが。

 

それは、

手をつなぐこと

これを初デート時の目標にしてみてください。

 

どうにか頑張って女の子の手を握るようにする。
それがかなり重要になってきます。

 

 

なぜそんなに重要かというと、

最初にスキンシップが取れないと、後からなかなか取りにくくなっていく

からなんです。

 

最初に何のスキンシップなども取らないと、

あ、この人はスキンシップをしない人なんだな

と相手の女性に思われてしまって、
なかなか状況を打破することが難しくなっていってしまう。

 

一度下されてしまった評価を覆すのは本当に難しくて。

初見で「あ、この人は真面目な人だな」
みたいに思われてしまったら、
エロ話などがしにくくなってしまったりします。

 

それに一度出来上がった空気感を壊すのってすごい勇気がいるじゃないですか。

だからもう初めの段階である程度「性的な方向」に持っていってしまうんです。

その足掛かりとして「手をつなぐ」というのが有効になってくるんですね。

 

 

少し余談ですが、

女性と話す時にタメ口だったり呼び捨てにするのが
仲を進展させていくうえで非常に重要なんですが、
それもやっぱり最初の方で移行させた方が良いんですよ。

お互い楽だと思うし、言葉遣い楽にしましょう!

という風にやり取りが始まって最初の方で打診してしまう。

ネットでの出会いを活用してるんだったら、
メッセージが始まって2~3通目くらいにはもう打診するようにする。

とにかく固定観念が出来上がるうちに
自分の理想とする状況に持っていく、ということですね。

落としやすい方向に持っていく、とw

 

まあちょっとした余談でしたがw
この手をつなぐというのも同じなんです。

最初の方で、

あ、この人は手をつなぐような人なんだ

スキンシップとかしてくる人なんだな

というイメージ付けをしてしまう。

そうすれば後の展開が楽になってきますよね。

 

 

スキンシップが仲を進展させるうえでかなり重要

 

また、なんで「初デート」で手をつないだ方が良いかというと、
初デートでスキンシップができないと、次に繋がりにくくなるから
なんです。

 

これは僕の経験上なんですけど、
初デートで何かしらスキンシップができないと、
2回目のデートってほぼ生まれないんですよね。

よほど相手がこちらにご執心の場合を除いて、
一回限りで終わってしまうということがほとんどでした。

 

しかし「手をつなぐ」という行為を達成することで、
仲が急激に縮まる」んですね。

普通に会話などをするだけでは到底到達できない領域に
一気に踏み込んでいくことができる。

そうすれば、次のデート、
そしてセックスというものにも近づくことができます。

 

 

どうやって手をつなぐのか?

 

でも初デートで手をつなぐとなった時に、

こんな意見も出てくると思うんですね。

いや、そんな初対面でいきなり手を握ったりしても大丈夫なの?」と。

でも、大丈夫なんです。
意外とすんなり出来ちゃうんですよ。

 

例えば「ネットの出会い」でその女性と出会った場合。

初デートをするとなった時点で、かなり仲が進展してるんですね。

合コンとかでの出会いと比べて、
実際にデートをすることへのハードルが高いので、
ある程度の好感が得られていないと
そもそもデートにまで漕ぎ着けることがほぼ不可能で。

ネットで知り合った女の子がデートの誘いに「OK」と言ってくれた場合、
もうすでに大きなハードルを越えられていると言えます。
あなたに対して間違いなく魅力を感じている。

 

もちろん合コンとかで出会って、
初デートまで漕ぎ着けられたという場合も
ある程度の好意を獲得できているという風に言えると思います。

どうでもいい男とデートするほど暇な人なんていませんよねw

デートに来る時点で、
あなたに対して「興味を抱いている」ということで。

だから手をつなごうとした時に、
思いっきり拒絶されるようなことはまずないですね。

 

 

また、初デートをする前のやり取りの中で、
伏線を張っておく」とさらにいいです。

 

今度会う時に思わず手握っちゃったりするかもしれないけど許してね笑

え、なんで?笑

いや俺手握らないと生きられない体質でさ笑

え~、なにそれ~笑

 

みたいな、まあ適当な感じでいいので
俺は初デートで手をつなぐような男ですよ
ということを示しておく。

そうすることで手をつなぐ時の摩擦が少なくなりますね。

 

 

そして実際に会う時は
もう勢いで握ってしまうんです

待ち合わせの場所で女の子と合流したら、

「よし!じゃ、いこっか」

みたいな感じでこちらから手を差し出す。

そこで手を握ってくれなかったら
もう強引に掴んで歩き出しても良いですよね。

そのくらい「強い」方が、女の子もこちらに魅力を感じたりするので。

 

 

ここが勝負の分かれ目

 

とにかく、

初デートで手をつなぐというのはかなり重要になってきます。

ここで手をつなぐことが出来たら、
必ず次のデートにつなげることができるし、
2回目のデートでセックスを手に入れることも可能になる。

初デートでいきなりセックスまで行くというのは相当難しいんですが、
手を握るくらいだったら比較的簡単にできると思うんですね。

 

なので初デートにおける目標として、
この「女の子と手をつなぐ」ということをぜひ意識してみてください。

何のスキンシップなどもなしに
「バイバイ!」と初デートを終えた時よりも
間違いなく何倍も次につながりやすくなります。

 

それではありがとうございました!

 

ページを閉じるその前に・・・






今あなたがもし、

・女性にモテたことなんて一度もない
・女性に目すら合わせてもらえない
・女性との出会いが無さ過ぎて困っている
・女性とデートしたことすらまともにない
・「イイ人なんだけど・・・」と言われるだけで終わってしまう
・男としての自信が持てない
・コンプレックスだらけで自信が無い

そんな状態なんだとしたら、僕が現在発行する
無料メール講座の方をぜひ読んでみてもらいたいんです。


僕自身つい2年ほど前まではそんな状態だったんですが、
今ではそんな状態から完全に脱却し、
女性に困らない毎日というものを歩めています。


その、僕が恋愛における現実を180度変えられた「コツ
というものを無料でメール講座ではお話ししていきます。


また現在無料メール講座に登録いただいた方には、

LINEで確実に脈ありだとわかる女の子からの秘密の5つのサイン

という"特別レポート"も期間限定プレゼント中!


もうモテない人生は卒業したい!
という方はぜひ購読してみてくださいね。


↓無料講座を受講するには下の画像をクリックしてください



※女性、18歳未満の方の購読はご遠慮ください
※メール講座の募集、プレゼントは予告なしで終了することがありますのでご了承ください


LINEで送る
Pocket


コメントを残す